スポンサードリンク

人気ブログランキング順位下がりました・・・記事が少しでも参考になったという方いましたら是非ともクリックお願いします!!!
応援クリックお願いしますm(__)m
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

ソーラーフロンティアのパネルについてメーカーの関係者に聞いた話を書きます。
(あくまで聞いた話なので全て正しいかは保証しかねます)

最近のソーラーフロンティアのパネルには、SF170-S,SF165-S,SF160-Sなどがあります。
外形寸法はどのパネルも977×1257×35で同じです。
solarfrontier01.bmp
これらがどのように作られているかご存知ですか?
話を聞いたところによるとどれも全く同じ製造ラインで作らています。出力試験をして170W出たものをSF170-Sとして販売し、169WまでのものをSF165-Sとして販売して164WまでのものをSF160-Sとして販売
しているそうです。

これってどういうことでしょうか???
SF170-Sはあまりお得ではないということです。SF165-SまたはSF160-Sであれば4wまで上ぶれするパネルが入っている可能性があるということですが、SF170-Sは今の製造技術のMAX出力なので170Wちょっとのものがほとんどということです。

よって、ソーラーフロンティアを選ぶ場合はその時のMAX出力のパネルだと上ぶれは少なくなります。
ただし、同じ面積で大きな出力を出したいという方はもちろんSF170-Sの方が良いことにはなります。
(もちろんパネル価格はSF170-Sが若干ですが高くなります)
これらの特徴を把握した上で設置場所の状況と相談しながらパネルを選ぶことをおすすめします!
(私は実際にSF160-Sを使っていますが、上ぶれが大きいようでシミュレーションを大きく上回る発電実績です。)

スポンサードリンク

記事が参考になった方以下クリックで応援お願いします。