スポンサードリンク

野立ての太陽光発電の土地について最近いろいろ考えております。
というのも昨日書いた記事にもあるようにパネルは20年以上も十分使えるということがわかってきたからです。
そうなると野立ての産業用太陽光発電の土地は20年間の借地より購入してしまった方がよいという考え方になってきました。
土地を購入していれば20年後もまだまだ発電が可能です。

1号発電所は土地を購入、2号発電所は一緒にやっている仲間が土地を購入で問題ないのですが、現在進めている3号発電所は20年の借地です。。。
ただ、20年後に10年間の延長は可能ではないかと言われているので30年間は発電できるのではないかと思います。

今後野立て太陽光発電を計画する方は20年で終了という考え方はやめて30年~40年発電することも視野に入れて計画することをおすすめします。

スポンサードリンク

記事が参考になった方以下クリックで応援お願いします。