スポンサードリンク

27日に御嶽山が噴火しました。
まずは、不明者の方の無事と近隣への被害が少なく済むことを祈ります。

火山灰が太陽光パネルに積もったらどうなるかについて調べてみたので書きたいと思います。
まず、太陽光パネルは大丈夫か?ということですが、火山灰のみであれば清掃さえすればそのまま使えるとのことです。
しかし、鉱石なども一緒に飛んでくるエリアもあり、石がぶつかってパネルに傷をつけてしまったり割れてしまったりしているとパネルの交換が必要になります。

まずは安全を確保するのが優先ですが、噴火が落ち着いたらパネルの状況を業者と一緒に確認するところから始める必要があります。
次に大きい石などは飛んでなく火山灰だけが降り積もっている場合ですが、基本的には清掃することが可能なようです。ただし、小さい石なども混ざっている場合があり、無理やり火山灰を落とそうとすると表面に傷をつけてしまう場合があるとのことですので、清掃方法を業者に問合わせて適切な方法で清掃する必要があります。これくらい大丈夫だろうと思って絶対に自己判断で清掃はしないほうがいいです。
噴火している間は何度も灰が降り積もってしまうと思いますのでその期間は諦めるしかないと思いますが、噴火が落ち着いたら適切な方法で復旧すれば太陽光パネルは使えると思います。
各メーカーによっても差があると思いますので詳細は必ず業者に問合わせてください。

スポンサードリンク

記事が参考になった方以下クリックで応援お願いします。