スポンサードリンク

九州電力を発端に連系保留の話が広がっておりますが、全国の電力会社の対応をまとめてみました。

【九州電力】
http://www.kyuden.co.jp/rate_purchase_index.html
家庭用の太陽光発電(10kw未満)を除いて接続連系保留
(産業用太陽光発電は当分保留)

【東北電力】
https://www.tohoku-epco.co.jp/news/normal/1188271_1049.html
特別高圧、高圧のみ連系申込保留
(50kw以下の低圧産業用太陽光発電は受付は継続)

【四国電力】
http://www.yonden.co.jp/press/re1409/1186924_2061.html
家庭用の太陽光発電(10kw未満)を除いて接続連系保留
(産業用太陽光発電は当分保留)

【北海道電力】
http://www.hepco.co.jp/info/2014/1189736_1635.html
家庭用の太陽光発電(10kw未満)を除いて接続連系保留
(産業用太陽光発電は当分保留)

【沖縄電力】
http://www.okiden.co.jp/shared/pdf/news_release/2014/140930.pdf
住宅も含めて申込保留
「特定期間の太陽光発電の停止による調整」「蓄電池設置」この条件を満たせば連系の検討を行う。
以下は正式報道があったわけではなく人伝えに聞いた情報なので正確な情報とは言えませんが参考に。

【東京電力】
一部高圧で連系保留の地域があるが、低圧は当面連系受付を維持。(連系の回答には時間を要す)

【関西電力】
現在のところ保留の予定はなし。
以上、参考にしてみてください。

スポンサードリンク

記事が参考になった方以下クリックで応援お願いします。