スポンサードリンク

昨日アパートの入居者から12月いっぱいで退去するという連絡があったと管理会社から電話がありました。
できるだけ長く入居してもらいたいので非常に残念ですが、決まってしまったら即次の行動を開始するしかありません。

退去者が決まった時に実施することは以下の3つです。
1.次の入居者の募集
退去後に次の募集を開始したのでは無駄な期間を作ってしまう可能性が大です。
よって、退去が決まったら即次の募集を開始することになります。
なによりもまずはこれが一番最初にやることです。
2.現状回復(敷金)の交渉
退去日に入居者さん立ち会いのもと入居者さん責任で現状回復するのはどこでいくら敷金を返納するかを話し合う必要があります。
ここはそれぞれの立場での言い分があり、もめることもしばしばです。
3.修繕の手配
退去後に修繕や部屋のクリーニングの手配が必要になります。
まずは見積もりをとっていくらくらいになるのかを確認します。
ここまでが退去が決まって実際に退去したら迅速に実施する必要がある内容です。
意外と大変そうと感じた方も多いかもしれませんが、私の場合はここまで何も言わないでも管理会社が全てやってくれています。
空室期間の短縮や大家としての労力削減のためにも管理会社をどこにするかはとても重要になります。

スポンサードリンク

記事が参考になった方以下クリックで応援お願いします。