スポンサードリンク

このブログを読んでくれている方の中には、不動産投資をこれから始めようと考えている方も結構いらっしゃると思います。
質問をいただく多くの方は、私のようなサラリーマンをしている方が多いようです。

そこでサラリーマン大家さんのスタート時の税金に関する話を書いてみようと思います。
サラリーマン大家さんは不動産投資を始めた初年度は所得税が還付される可能性が高いです。所得税が還付になるということは翌年の住民税も減額になります。(可能性は高いですが絶対ではありません。)
どういうことかというと、不動産投資の場合初年度は経費になるものの支払いが結構あるので見かけ上赤字になり、サラリーマンの所得との通算で所得税が還付されることになります。
初年度のみ支払う経費になるものの代表的なものは、登記費用や不動産取得税や修繕費です。
(修繕費は額が大きくなりすぎると一括で経費ではなく、減価償却になります。)

さらに中古で耐用年数を超えた物件を買うと、大抵4年程度で減価償却になるので減価償却費も大きな経費となります。
物件の購入が年の途中になると1年分の家賃収入は発生しないので上記の経費が掛かってくると見かけ上赤字になることが多いのです。
初年度だけですが、所得税の還付でキャッシュが入ってくるのは結構大きいのでこのあたりもしっかり勉強をしてスタートするとよいと思います。

ただし、注意点は太陽光発電のグリーン投資減税の記事の際も何人かの方にコメントいただきましたが、還付の際は会社にバレてしまう可能性が高いです。不動産投資を禁止している会社は少ないとは思いますが、もしも禁止の場合は気づかれてしまうのでご注意ください。
太陽光発電も不動産投資もその他の事業でも税金の知識は絶対に必要だと思うので私もこれからももっともっと勉強していこうと思います。

スポンサードリンク

記事が参考になった方以下クリックで応援お願いします。