スポンサードリンク

太陽光発電受け入れ拡大のための緊急対策で蓄電池に補助金がでるようになるようです。

詳細は以下をご覧下さい。
http://www.yomiuri.co.jp/economy/20141222-OYT1T50155.html
太陽光発電や風力発電は発電が安定しないために電力の需給関係が崩れて停電などになるリスクがあるため、新規の連系の受け入れが難しい状況になっておりました。
前々から言われておりましたが、最も発電量の多い時間に発電した電気を蓄電し夜間等に送電することが可能になれば、ピークは分散され受け入れ容量が拡大します。
そのために蓄電池を設置する業者や購入する業者に補助金をだし、蓄電する電気を拡大し電力の供給を安定させていくことが政府の狙いです。

蓄電池での新たなビジネスチャンスも今後出てくると思いますし、この蓄電池が太陽光発電の安定化にも不可欠になる可能性も出てくると思いますので業者の方も個人の方着目していくべきだと思います。
私も前々から蓄電についてはいろいろ調査していたので今後も調査結果などを記事にしていきたいと思います。

スポンサードリンク

記事が参考になった方以下クリックで応援お願いします。