スポンサードリンク

太陽光発電の贈与税が来年から変更になるようです。
仮称で緑の贈与税というようです。

今までは住宅などの購入の際に祖父母や親から購入資金をもらう場合、1000万円まで贈与税が掛からない優遇制度がありました。
これが来年からまず住宅に関しては、1500万円まで優遇金額を拡大されます。
さらに太陽光発電などの再生エネルギー関連機器の購入費用を贈与した場合は贈与税が非課税になるように変わります。
これって意外とすごいことで今までは相続税対策でアパートを建てていたのが太陽光発電所を建てるということに変わるかもしれません。
来年度の売電価格がいくらになるかはまだわかりませんが今後も相続税対策で太陽光発電所が増えていく可能性があるということです。
節税での太陽光発電の活用と意味でも今後も着目していく価値はありそうです。

スポンサードリンク

記事が参考になった方以下クリックで応援お願いします。