スポンサードリンク

本日1号機12月の発電量の明細が届きました。

発電量の少ない時期だったのでどうなるかと心配していましたが・・・
DSC_0372.JPG
12月にしては予想よりかなり発電してくれたようです。
4185kwhで162,712円でした。シミュレーションの119%です。
12月や1月は、1日あたりの日照量は少ないですが、晴れの日が多いようでそれなりに発電はするようです。
この調子で発電してもらえれば返済額を大きく上回ることが可能で冬でもキャッシュフローを確保することができます。
冬も晴れの日が多いエリアで発電所を作ればかなり安定運営ができます。
逆に雪国などではほとんど発電もしなくなり冬は返済の方が大きくなってしまう可能性が高いです。
今からラストチャンスをと考えている方は、出来る限る冬の発電も考慮して場所を選ぶことをおすすめします。
あとはやはりソーラーフロンティアは冬にも強いので十分な土地の広さがあればソーラーフロンティアをおすすめします。

スポンサードリンク

記事が参考になった方以下クリックで応援お願いします。