スポンサードリンク

現在、経済産業省・資源エネルギー庁は太陽光発電の新出力抑制ルールについて最終検討を行っております。
出力抑制は事業を行う上でかなりの影響力があるためどうなっていくかしっかり注視することが必要です。

新ルールの適用は受け入れ可能料に比較的余裕のある東京電力、中部電力、関西電力のエリアでは、50kW未満の低圧太陽光発電については、系統への影響が限定的なため、新ルールを適用しない方向で決まる見込みです。
現状は受け入れ可能量が超えていない中国電力、北陸電力は、50kW未満の低圧太陽光発電について4月1日から適用する見込みのようです。

さらに現状既に受け入れ可能量を超えているもしくは超えそうである北海道電力、東北電力、四国電力、九州電力、沖縄電力については、10kW未満の住宅用太陽光発電について4月1日から適用する見込みのようです。
新ルールは従来の日数単位の抑制から、細かい時間単位の抑制に移行するようです。
詳細は今週中には決まるようなので皆さんもチェックしてみてください。

スポンサードリンク

記事が参考になった方以下クリックで応援お願いします。