スポンサードリンク

本日税理士さんのところに確定申告の相談に行ってきました。
いろいろ話をした結果いろいろ考えないといけないことが出てきました。

不動産投資、太陽光発電の申告書作成の相談、消費税還付の相談、グリーン投資の減税の相談をしてきました。
申告書の作成と消費税の還付の件は大きな問題はありませんでしたが、グリーン投資減税はいろいろ話し合いをしました。
まず、100%償却なのか30%償却なのか使わないのか、さらに2つある発電所両方グリーン投資減税を使うのか使わないのかなどです。
グリーン投資減税を使う場合は、大幅に経費を増やすことができるのでサラリーマンの所得と相殺して所得税の還付を受けることが可能になります。

赤字を3年間までは繰り越すことが可能なのでかなりの効果があります。
目先のキャッシュを見るとグリーン投資減税で所得を0にしてしまった方がメリットがありそうなのですが、今後の事業運営を考えるとそれがいい選択かは微妙だというのが税理士さんの見解です。

理由は、所得が0になってしまうと融資を受けるのが難しくなるので事業拡大が難しくなるということです。
よく考えれば当たり前のことなのですが、どうするのがベストなのかは難しい選択です。
結局確定申告の資料を全部整理してもらってから再度相談して方針を決めることにしました。
サラリーマンをやりながら低圧発電をやっている方でグリーン投資減税の方針を決めている方がいましたら意見を聞かせてください。

スポンサードリンク

記事が参考になった方以下クリックで応援お願いします。