スポンサードリンク

今年は本気で法人化を目指そうと考えておりますが、いくつか疑問があります。
調べたりはしているんですが、最終的にどうなのかはわからずということで法人化している方でわかる方がいましたら教えてください。

今の状態で法人化した場合、不動産は法人に売却という形をとったりすると不動産取得税や登記費用が掛かるので基本的には個人が持ったままでサブリース方式などで管理を法人にお願いする形式になります。
不動産の場合は事例も多くイメージがつきやすいです。

次の太陽光発電の場合ですが、取得税や登記の必要もないため法人に現物出資という形をとれると思っています。そこでいくつか疑問です。
・現物出資する上で問題になることはないのか?(融資元の銀行さえOKといえばいいのか?)
・個人で所有している時にグリーン投資減税(例えば30%特別償却)を使っていた場合、法人に現物出資したら減価償却の扱いはどうなるのか?30%除いた額を17年間償却するのか???現物出資した個人は税金上不利になることはないのか?
・そもそも法人で太陽光発電を持つメリットは何があるのか?(経費として認められるものが増えるので節税になるということくらい???)

このあたりが明確にならず法人化に踏み切れないでいます。実はデメリットがあるんじゃないか???という不安も拭えません・・・
どなたかわかる方がいましたら教えてください。よろしくお願いします。

スポンサードリンク

記事が参考になった方以下クリックで応援お願いします。