スポンサードリンク

先日やまちゃん様より消費税の還付金の扱いは税込経理方式か税抜経理方式かで異なるとコメントをいただきました。
私なりに税抜経理方式と税込経理方式をいろいろ調べてみました。

『税抜経理』
税抜経理は、取引の金額から消費税分を区別し本体価格プラス仮払消費税(あるいは仮受消費税)のように分けて処理する方法とのことです。
勘定科目上資産になるもの、損益計算書に入ってくる売上高や仕入、そして各種の経費になるものなど、すべてにおいて消費税分を別に区別して処理する。

『税込経理』
税込経理は、消費税分を区別することなく、全ての取引を税込金額で認識する方法とのことです。
経理処理を行なう際には、消費税額などを意識する必要がないので、経理の手間という点で考えると容易な処理方法のようです。
というようなことが書いてありましたが、正直よくわかりません・・・
今回課題になっている消費税の還付金は、税抜経理方式、税込経理方式でどのような違いがあるのかも調べてもよくわかりませんでした。
もしもこのあたりの税制に詳しい方がいましたら、太陽光発電の消費税に処理で税抜経理方式、税込経理方式でどのような違いがでるのかコメントいただけると非常に助かります。

スポンサードリンク

記事が参考になった方以下クリックで応援お願いします。