スポンサードリンク

今日は以前無料太陽光発電冊子の紹介をしたソーラーパートナーズさんで質問されていた件について紹介したいと思います。
ソーラーパートナーズさんの無料冊子を請求するとメールで下記のような情報ももらえるのでおすすめです。



『質問内容』
産業用太陽光発電で、20年契約の途中で単価を下げられるまたは買取を行わなくなるということは無いのですか?
『回答』
戦争や独裁政権になるなど日本自体が大きく変わっていますような、よほどのことがない限りありません。
「絶対」ということはないので可能性としては0ではありません。
現在の固定価格買取制度は国の法律によって電力会社が買い取ることを義務化されているので国が法律を破るという詐欺に近い事態が起こらない限り問題ありません。
以上のようなやり取りが紹介されてました。
私の師匠が経済産業省に問い合わせた際も基本的には既に固定買取制度20年で契約してしまった案件の条件を後から変えるということはできないということでした。
(その代わりこれから契約する案件の条件を変えていくことは可能ということでいろいろルールの変更が行われている)
よって、既に20年固定買取価格でスタートしている太陽光発電についてはほとんど心配することはないと思います。
皆さんも気になっていた点だと思いますがそこまで心配することはないのでメンテナンスや申告の準備などに注力してよいかと思います。

スポンサードリンク

記事が参考になった方以下クリックで応援お願いします。