スポンサードリンク

九州電力で再生可能エネルギーの固定価格買い取り制度変更に伴う太陽光発電の出力抑制の目安が公表されました。
申し込みが接続可能量を200万キロワットを超過した場合は、新たに申し込みをする事業者には、年間70日間程度抑制を要請する可能性があると試算したそうです。
以前ルールで契約した事業者もこれから申請する事業者と公平性を保つため、年間30日までには両者の区別なしに平等に抑制するそうです。

うーーん、正直年間70日間抑制なんてされてしまったら事業として採算とれないですよね・・・
30日でも結構きついです。。。
抑制に関しては各電力会社で方針も異なるようなので案件ごとにしっかり確認が必要だと思います。
需要と供給の関係で決まると思うので東京電力や関西電力はそこまでの抑制はいまのところないと思いますがその他の電力会社管内は確認が必要だと思います。

スポンサードリンク

記事が参考になった方以下クリックで応援お願いします。