スポンサードリンク

3月になって、花粉症がひどくて大変です。
晴れると花粉は多いので雨や曇りがいいのですが、そうすると発電はしないということでどちらを望んだらいいか悩むところです。

3月はシミュレーション上は一年間で3番目に発電量の多い月になっております。
1番が5月、2番が4月、3番が3月です。
7月や8月の真夏より発電量が多いというシミュレーションになっております。
気温(温度)と日照量の関係でそうなっていると思うのですが、今年の3月はいまのところ例年の日照量より大幅に少ないです。
太陽光発電事業を始めて1年経ちますが、この事業は、冬の発電量の少ない時期を耐えて、3,4,5月の発電量の多い時期に大きく発電することで成り立つ事業であるのでこの3月の不振はかなりダメージは大きくなります。
まだ冬だからと思っていると大間違いで、3月は稼ぎ時なのです。
残り2/3にしっかり晴れてくれることを願うばかりです。
しかし、そうすると花粉症がかなりきつい(花粉症で熱が出るほどひどい)ので花粉症持ちの太陽光発電事業者には複雑な時期になります・・・

スポンサードリンク

記事が参考になった方以下クリックで応援お願いします。