スポンサードリンク

いろいろな節税案を検討しております。
その中で既に年金くらいの両親に草刈りや監視をしてもらって給与を払うと案を考えてみました。

別居の両親が既に年金くらしで一定の仕事をしてもらって給与を出してその分を経費とするという考え方です。
まずは、別居でも問題ないのかという点ですが、きちんとなんらかの仕事をしてもらってそれに見合う報酬を払っているのであれば税務上は全く問題にならないということです。
月に一回来てもらって草刈をしてもらうとか、監視カメラの映像を遠隔でチェックしてもらうとか、領収書の整理をしてもらうとかすればOKなようです。
次に両親が確定申告が必要になるのでは???
これは20万円以内の所得であれば確定申告は不要なようです。ただし、市県民税は所得税の申告とは別に申告が必要な場合があるようです。
最後が私が一番気にしている点です、給与を出すということは、1回1万円でも源泉徴収をしなければいけないのではないか?という点です。
調べてみるとこれは多分必要になりそうです。
源泉徴収された分を取り戻すためには結局両親に確定申告に行ってもらわないといけなくなるという感じになるようです。
両親に協力を依頼するとしたら源泉徴収対応と確定申告までフォローしてあげる必要がありそうです。
もしも間違っていたら情報ください。
結局どうするかはもう少し検討してみます。
記事が参考になった方やこのブログを応援してくださる方はランキングをクリックしていただけると今後も記事を書き続ける活力になりますので応援よろしくお願いします。

スポンサードリンク

記事が参考になった方以下クリックで応援お願いします。