スポンサードリンク

先日群馬県伊勢崎市で300kWの太陽光発電設備が突風で倒壊したという記事をかきましたが、その後どう補償されるのかについて記載されている記事をみつけたので紹介します。

以前に記事は以下を参照下さい。
http://kensfreedom.info/article/140005916.html
天災時の補償について疑問に思う方も多いと思います。
20年固定買取の場合、同じ設備、同じパネルで設置しないといけないのか?という点です。
回答は、同じ設備、同じパネルでなくてもOKということのようです。
天災や火災などの災害の場合は、運転開始後であれば売電価格はそのままでパネルのメーカーを変更することが可能なようです。
ただし、その場合は設備認定容量の増加はできないので容量は同等ということになります。
もちろん復旧するためにはしっかりと保険に入って置く必要はあります。
保険金がおりてそのお金で復旧できる状態でないとさすがに厳しいと思うのでやはり保険はしっかり入っておく必要はあると思います。
突風で吹き飛ばされたそうですという記事を書いた際にコメントいただいたのですが、まだ使えるパネルはどうするのか?という点ですが、同じメーカーで行く場合は再度使うということもあるようですが、メーカーを変更する場合は、中古買取業者に買い取ってもらうなどの対応を取るようです。
災害後の復旧ではパネルメーカー変更OKと初めて知った、参考になったという方は引き続きランキング応援クリックをお願い致します。
よろしくお願いします!

スポンサードリンク

記事が参考になった方以下クリックで応援お願いします。