スポンサードリンク

現在太陽光発電をやろうとした際にある程度お手軽にできる方法として「土地付き太陽光発電」を買う方法と「太陽光発電ファンド」を買う方法があります。(もちろん時間があって労力をかけることが可能な方は土地から探していくことも可能ですが)
この二つについてメリット・デメリットを考えてみました。
【資金について】
「土地付き太陽光発電」は自己資金があればその資金で購入することも可能ですが、銀行融資を活用することが可能です。融資を引ける金額+自己資金ででどれくらいの規模の発電所を買うことが可能かが決まるといった感じになります。
一方「太陽光発電ファンド」は融資は基本的には不可能です。よって、全て自己資金で購入することになります。ただし、ファンドの場合は1口50万円とかから購入が可能なので比較的少ない自己資金でも始めることは可能になります。
【権利】
「土地付き太陽光発電」は太陽光発電設備は全て自分の資産になります。土地も借地でない場合は自分の資産になります。よって、転売なども可能になり、全てを自分の裁量で決めることが可能になります。
一方「太陽光発電ファンド」は、太陽光発電設備が自分の資産になるわけではなくあくまで「金融資産」を持つことになります。よって、太陽光発電設備として転売などは不可能になります。
【管理や手続き】
「土地付き太陽光発電」の場合は、メンテナンスは自分でやる必要があります。(自分でメンテナンス業者にお金を払ってやってもらうのも含む)また、各種手続きも自分の名前で対応する必要があります。
一方「太陽光ファンド」は、メンテナンスや手続きを行うのは出資者ではなく営業会社になります。よって、基本的には出資する我々は特になることがないということになります。
このように結構大きな違いはあります。
利回りでいうと「土地付き太陽光発電」の方が高くなりますが、手間はある程度かかります。
これらのメリット・デメリットと利回りと手間を総合的に考えて太陽光発電投資について考えてみてください。
記事に少しでも”なるほど”要素があったらランキング応援クリックをお願い致します。
1位が取れなくなった今日この頃です・・・

スポンサードリンク

記事が参考になった方以下クリックで応援お願いします。