スポンサードリンク

先日コメントいただいた中でなるほどなぁと思うことがありました。
本日は、そのことについて考えてみたいと思います。

下記にあるようなフェアやセミナーについて買い手の我々がいい情報を掴むラストチャンスではとご紹介しておりますが、実は売り手もラストチャンスなのかもしれません。
費用を掛けて下記のようなイベントをしてまで人を集めるということは切実に売りのチャンスを探しているということだと思います。
もちろん、買い手である我々も売電価格が下がっていく状況で数少ないいい案件を探すラストチャンスではあると思います。
どういうことかというとこのようなイベントに参加するにあたっては売り手の状況も理解しておいた方がいい交渉ができる可能性が高くなることもあるということです。
こちらもラストいい案件を探したいけど、売り手もなんとかしか売りたいと思っているのでそれを理解しておかないと悪い案件を掴まされてしまうことがあるので十分注意した上で以下のようなイベントには参加してください。(本当にいい案件もあるのではと私はまだ期待も持っております)
第2回『タイナビ発電所フェア2015in大阪』
【日程】
2015年7月12日(日)
【会場】
AP大阪駅前梅田1丁目 B1(APホール)
【住所】
大阪市北区梅田1-12-12 東京建物梅田ビル
【時間】
13:00-17:00
【参加費】
無料
【定員】
限定200名様(先着順)
タイナビ発電所
※無料会員登録で詳細案内が届きます。
分譲太陽光セミナー&販売説明会 in東京
【開催日時】
平成27年8月2日(日)
12:00開場、13:00開演
【開催場所】
〒100-0004 東京都千代田区大手町 1-5-1 ファーストスクエア イーストタワー2F
【費用・定員】
無料
先着100名
【内容】
以下の講演会
・販売会社4社による個別商談会/説明会
・太陽光発電所を保有するソーラー税理士による生産性向上設備投資促進税制を活用した即時償却
【紹介予定案件】
・利回り10%以上
・2000万円以下
・ローン可能物件
・メガソーラー
など、掘り出し・格安物件や信販会社も参加予定のようです。

なるほど~と思う内容が少しでもあったらランキング応援クリックいただけると幸いです。
よろしくお願いします。

スポンサードリンク

記事が参考になった方以下クリックで応援お願いします。