スポンサードリンク

昨日は久々に記事の更新をお休みしてしまいました。
ちょっといろいろありまして記事を書くエネルギーがゼロでした。
記事を更新しなかった日なのになぜか久々にランキングが上がっていたので、ちょっと不思議な感じです。

さて、今日は8月の日照時間についてです。
large.jpg
8月12日~27日は関東から北のエリアはほとんどのエリアで平年比50%以下になっています。
前半は猛暑で晴れが多かったのですが後半はさっぱりです。これから9月の前半にかけて日照時間が少ない日が続くと予想が出ており、太陽光発電事業者のみならず農作物などにも影響が出ているようです。
皆様の発電量はいかがでしょうか???
以下の記事を見てください。
http://kensfreedom.info/article/103114166.html
ちょうど丸一年前に書いた記事です。
なんと、ほぼ同じことを書いています…
気にしているのはこの点です。たまたま今年が日照時間が少ないだけならたいした問題ではありませんが、異常気象が普通になってきているのではないかということです。
シミュレーションを算出している過去の日照時間が、偶発的にではなく恒常的に減ってきてしまうのでは?と懸念しています。
20年間の想定から下方修正が必要になる可能性もあるかもしれません。
ただ天候は自分ではどうすることもできないのでしっかり状況を把握して、他の投資とのバランスで考えていこうと思います。
皆様は今後の天候についていかがお考えですか?

スポンサードリンク

記事が参考になった方以下クリックで応援お願いします。