スポンサードリンク

先日問い合わせで質問をいただいた不動産売却時の消費税について、私も知らなかった部分が多いので少し調べてみました。
税金はいろいろ難しいということを再度痛感しました。

まず基本的に不動産は土地はどんな場合でも消費税はかかりません。
建物も消費税課税業者ではない個人が売却した場合は、消費税は課税されないということになっております。
不動産投資で居住用の賃料は消費税は非課税なので基本的に不動産投資のみをされているほとんどの方が、消費税課税業者ではないので個人の場合は消費税は関係なしという理解でした。
しかし、今回質問いただいた事例は太陽光発電で消費税還付のために消費税課税業者になっており、その時点で不動産を売却したら消費税は影響ありますか?というものでした。
私も間違えておりましたが、基本的にこの場合は影響ありとなりそうです。
ただし、ここで問題というか疑問というかは、不動産を売却する時に建物の価格と土地の価格を明確にしているか?という点です。
新築時や売主が法人の時には明確になっておりますが、私は今までの個人売買では明確にされていないのがほとんどです。
減価償却の計算なども税理士さんと相談してありえる範囲で価格を決めております。
売却の際は、減価償却が残っていればその価格で算定されますが、減価償却が終わっていれば建物の価格は限りなく0に近い価格で設定可能だと思います。(土地の譲渡益との関係も出てくるので税理士さんと相談が必要になるとは思います)
このあたりは税法の中でうまくやる術があると思います。
よって、不動産売却時に消費税の影響はありですが、コントロールもある程度可能だと思いますというのが回答になります。
この見解で間違いがありましたらどなたかコメントお願いいたします。

スポンサードリンク

記事が参考になった方以下クリックで応援お願いします。