スポンサードリンク

冬になり太陽光発電所に行くこともほとんど必要ではなくなりました。
本当に太陽光発電は不労に近い状況を作れてこれ以上の不労所得は今後も現れないのでないかと思います。

そんな太陽光発電投資ですが、唯一といっていいメンテナンス費用をしっかりとっておく必要があるのがパワコンの交換費用です。
10年保証のものが多いのですが、大体のパワコンは10年以上15年前後で壊れていると言われているので20年間の固定買取の期間で1回は交換する必要があります。
現在は5kW前後のパワコンで25万円程度、10kw前後のもので50万円弱といった価格帯です。
50kWの低圧発電所で全て交換になると200万円~250万円かかってしまいます。
これをどう考えるかですが、基盤だけ交換して安く済ませるといった案もあると紹介しているサイトもありますが、私は1回は全て交換すべきだと考えております。
理由は、2つです。

一つ目は、20年で終了と考えていないからです。20年で終了でOKであれば誤魔化し誤魔化し修理をして20年持たせるというのもありだと思いますが、私は30年以上で考えているので一度は消耗品として交換をすべきだと考えます。

二つ目は、10年以上後に交換なので確実に今よりパワコンが安くなっているからです。あくまで予想ですが、現在の半額近くにはなると想定しています。

このような理由から私は、パワコン交換は必要なメンテとして想定しています。
一番の課題は、パワコンが故障したことにすぐに気が付けるかだと思っています。発電ロスを少なく故障に気が付くことができればOKだと思っています。もう少し年数が過ぎたらチェックの方法も考えていこうと思います。
ちなみに今すぐにパワコンを交換することになったら世界最高変換効率のSMA社製のパワコンを選ぶと思います。
ランキング急落中です。記事が少しでも参考になったという方は是非ともランキング応援クリックをお願いいたします。
よろしくお願いします。

スポンサードリンク

記事が参考になった方以下クリックで応援お願いします。