スポンサードリンク

太陽光パネルは20年使用することが可能ですが、発電量は年々下がっていきます。
メーカによって劣化率は異なりますが、どのメーカーでも年々劣化することは間違いありません。
もっと経年劣化が少ないと言われている、CISでも20年後には94%ちょっとまで劣化してしまいます。

さらに最もポピュラーな単結晶・多結晶のパネルでは20年後には90%を下回ってしまいます。
これを防ぐにはどうしたらよいか?
まずはプロに洗浄してもらう洗浄はやり方を間違えると劣化につながるリスクもあるようなので長期的視点で見た場合はプロに洗浄を依頼するのがいいと思います。

次にコーティング(膜)を塗ることです。
ただ、問題はいろいろな膜やコーティング剤があり、ネットなどでもこれがいいあれがいいといろいろな情報がでております。
どの膜やコーティング剤がよいかをしっかり見極める必要はあると思います。
コーティング剤を塗ること自体は効果はあると思いますので本格的に経年劣化が始まる前にこのあたりの情報をしっかり収集して材料を決める必要がありそうです。
新規案件が難しくなってきているので現状の発電量のパーフォーマンスを最大に保っていくことに力を注ぐのも重要になってくると思います。

スポンサードリンク

記事が参考になった方以下クリックで応援お願いします。