スポンサードリンク

本日は、息子の小学校の宿題で、生まれた時の感想や名前の由来、その後の成長の過程がわかる写真を準備してコメントするというものを一緒にやっています。(親にインタビューしてそれを息子がまとめるというものです)
我が家は毎年以下のようなフォトブックを作成しているのでそれを元にいろいろ話ができたので非常に有意義でした。
ワンランク上の高品質フォトブック作成サイトへ

記録をしっかりしておくということは非常に重要なことだと改めて思います。

さて、今日は気になるニュースをYahooのトップニュースでみつけたのでそれについてコメントしたいと思います。
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160123-00000075-san-soci
このニュース自体は昨年からずっともめているのは知っていたのですが、今年に入っても一向に進まずなかなか解決までは至っていないようです。
簡単に概要を書くと太陽光発電所の反射によって近隣住宅の温度が上昇してしまい熱中症になってしまったというものです。
反射光の影響でどれくらい温度が上昇するのは詳しくわからないのでなんとも言えませんが、住宅地の近くに設置する場合は十分注意が必要だということになると思います。
この問題自体は早い解決を願いますが、私が気になったのは別の視点です。
もしも本当に反射光で50度を越える温度にしてしまうとするのであれば、反射光やその熱はかなりのエネルギーがあるので頭のいい人が考えればなにか有効活用できるのではないか?といった点です。
太陽光発電以外のことにもしもエネルギーが有効活用されればさらに自然にも優しいですし投資としての魅力も増すので今後に期待したいと思います。
(可能性は低いのは重々理解していますが)

スポンサードリンク

記事が参考になった方以下クリックで応援お願いします。