スポンサードリンク

今日もまだ妻が体調が完璧ではなく、定時帰ってきて家事をいろいろやっておりました。
普段やらないことをやるとかなり疲れますね・・・
私もしっかり睡眠をとって健康第一で過ごしたいと思います。

さて、今日は今年の戦略について考えてみたいと思います。
先日日銀がマイナス金利を発表しました。その影響で長期金利が過去最も低くなるなど超低金利状態がさらに進んでおります。
fe1a20c8-s.jpg
マイナス金利とは銀行が日銀にお金を預ける際に本来利息をもらえるのですが、逆にマイナス分の金利を支払わなければいけなくなるという意味です。
これだと銀行は日銀にお金をあずけても利益はでないので我々など一般の人や法人に融資をして金利を稼ぐ必要があるということになります。
どういうことかというと、超簡単にいうと融資が出やすくなるということです。さらに金利は超低金利という状態です。
事業を進める上では(融資の面では)かなりよい環境になったと言えます。
それを踏まえると今年の戦略は、良い物件を見つけて融資の依頼をどんどんしていくべきとなります。
しかし、そう上手くいかないようになっている部分もあります。
融資が低金利で受けることが世の中全体で可能になってくると、物件の価格は高止まりします。
よって、不動産投資や太陽光発電は利回りの高い物件が出てこなくなってしまうのです。
ということで今年の戦略は、良い物件を素早く見つけて素早く判断できるようにするということです。
この判断が遅れてしまうとすぐに良い物件はなくなってしまうので見極める目をしっかり準備しておかないとと思っております。
記事がほんの少しでも参考になった、これからも記事を書いたら読んでくださるという方は以下をポチっとしてください。よろしくお願い致します。

スポンサードリンク

記事が参考になった方以下クリックで応援お願いします。