スポンサードリンク

本日は風もまあまあ強かったので実家から一歩も出ずに家の中にいました。
息子はトランプやらドンジャラやらをやって楽しく過ごしています。
この後いとこも来るので大さぎの予感です。

さて今日は電力自由化のお話です。
電力小売り全面自由化が1日に始まって1カ月。
ガスなどの新規参入事業者(新電力)が割安な料金や多彩なサービスを武器に契約を増やし、大手電力会社からの切り替え件数は22日現在で74万4400件。全国の対象契約件数の1.2%程度にとどまるが、冷房代などが気になる夏を前に新電力への切り替えがさらに伸びる可能性があるというようなニュースがでております。

自由化対象の契約総数約6200万世帯に占 める切り替え件数は1・2%。3月末は制度導入直前で注目も高まり、この時期までの契約に特典をつける社もあったことから「駆け込み効果」も生じたが「4月は伸びが鈍くなっている」と失速の傾向もあるようです。

「新電力は電気の使用量が多い世帯がターゲットなので件数は1%でも、使用量でみればより多くを大手から奪った可能性がある」というような見方があるようです。
さらに「使用量が増える夏を控えた6月ごろに切り替えは再び伸びるのではないか」と予測されています。
そんな中「じぶん電力」という面白い仕組みもでてきています。
無料で屋根に太陽光発電パネルを設置してその屋根で発電した電力を買い取るといったものです。(電力の小売業者が費用を 出してパネルを設置)
面白い仕組みではありので詳細が気になる方は以下をご覧ください。

GW中で読者の皆様も忙しいのが原因かはわかりませんがランキングが下がっております。。。
応援クリックも引き続きお願いいたします。よろしくお願いします。

スポンサードリンク

記事が参考になった方以下クリックで応援お願いします。