スポンサードリンク

現在工事中のパネルはソーラーフロンティアを使用しておりますが、先日紹介いただいた来年実施する予定の50kw×2区画についてはシャープを紹介いただいております。
そんな状況なのですが、やはりソーラーフロンティアの方がいいのではという話がきており現在両パネルの比較を行っております。

現状までに比較した内容は以下です。
『1枚当たりの出力と50kWで必要な枚数』
ソーラーフロンティア:165W(約300枚)、シャープ:250W(200枚)
『パネル代と架台代』
パネル代は多少ソーラーフロンティアが高いがほぼ同額
架台代1枚当たりは同じくらいの金額だが枚数差が1.5倍あるので価格差も1.5倍
『1枚当たりの面積』
ソーラーフロンティア:977×1,257×35、シャープ:1,655×989×39
(50kwに必要な面接は枚数差があるでシャープがソーラーフロンティアの70%~80%)
『実発電量』
冬は天候が悪い時は圧倒的にソーラーフロンティアの方がよさそうだが実データを手配中

結果、初期投資はソーラーフロンティアの方が掛かるし、50kw施工するために必要な土地の面積も大きくなるが実発電量は圧倒的にソーラーフロンティアの方が大きそうである。
その初期投資の差と実発電量×年数の差でどちらが有利なのかを実データから計算するしかなさそう。
実データで計算したらまたご報告します。
是非応援クリックお願いします^^
↓↓↓↓↓↓↓↓↓

スポンサードリンク

記事が参考になった方以下クリックで応援お願いします。