スポンサードリンク

現在人気ブログランキング4位に落ちました(>_<) ↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

太陽光発電でパネルや架台を購入する際は消費税を払っております。
今月までは5%来月からは8%です。
これって結構大きな額ですよね?

私も今回90kw導入して消費税は約165万円です。
これちゃんと申請すれば還付できるんです。
但し、事前に申請が必要になります。

たとえば、今年工事が完了し売電を開始するなら昨年に12/31までに消費税納税事業者の申請をする必要があります。
この申請は自分は消費税を納付する事業者ですと宣言する申請になり、1年間の売電の消費税分を納付する代わりに設備を導入する際に支払った消費税分を還付してもらえます。
売り上げが1000万円超えていなければこの宣言は2年間で辞めることが可能なので2年分の消費税を納める代わりに導入時の消費税を還付してもらうことになります。
私の場合その差引が70万円以上になる予定です。

よって、来年から太陽光発電を始めようと思っている方は今年中に消費税納付事業者の申請をしてください。
申請忘れちゃった方は法人化を利用することで還付を受けることが可能になる場合もあるようです。
詳細は私もわからないので法人化を検討する際に税理士さんに相談してみてください。

スポンサードリンク

記事が参考になった方以下クリックで応援お願いします。