スポンサードリンク

人気ブログランキング急落です!!!!(>_<) 応援クリックお願いしますm(__)m ↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

今日は太陽光発電の逆潮流のお話です。
本日知り合いの太陽光発電をやっている方から電話があり、「逆潮流」で現在計画している太陽光発電が早くても13ヶ月待ちといわれているという話を聞きました。

逆潮流とは簡単にいうとそのエリアの発電量が多すぎて、電気の使用量より発電量の方がエリアとして多くなってしまうという現象です。
逆潮流になると設備工事費の一部を負担する必要が出てきます。その金額は状況によって変わるようでこの金額によっては利回りにも大きく影響するので大きな問題です。
あとは、13か月待ちというのも融資を受けて行う人にも大きな問題となります。
現在栃木県の複数のエリアで逆潮流が発生しているようでその調整が大変なようです。
土地を購入して融資を受けて太陽光発電をご計画の方はこの逆潮流にも十分ご注意ください。

スポンサードリンク

記事が参考になった方以下クリックで応援お願いします。