スポンサードリンク

太陽光発電ケーブル1200万円相当盗まれる・・・

本日ニュースでもとりあげていたので見た方もいるかもしれませんが、太陽光発電所のケーブル1200万円相当が盗まれてしまったようです。
一時期盗難が多かった時期もありますが最近はこのような盗難の話はあまり聞いていなかったので油断したころにまたやられてしまったといった感じのようです。

今回盗難にあったのは巨大な発電所のようで、1900mmの送電用銅線ケーブルが盗まれてしまったようです。
高さ2mのフェンスはあったようですが、切断されて盗まれてしまったようです。

高圧発電所のケーブルあればかなりの価格になるので盗難の可能性は今後も出てくると思います。
フェンスをしていても切断されてしまったら防ぎようがないので監視カメラなどの設置も考える必要がでてきそうです。

低圧では1区画盗難をしてもそこまでの価格にはならないので高圧よりは狙われる可能性は低くなりますが、可能性0ではないので対策をしておくことに越したことはありません。

今すぐにできる対策としては、監視カメラの設置と盗難保険に入っておくことだと思います。
監視カメラは安価ものもあるので私も設置を検討中です。

人が通らない場所に太陽光発電所が設置されているケースが多いので完全に対策することは難しいですが、最低限の対応だけでもしておくことで盗難の対象から外れるということも多いと思うので是非皆様も検討して見てください。

スポンサードリンク

記事が参考になった方以下クリックで応援お願いします。