スポンサードリンク

今日はフットサルの公式戦で甲府まで行ってきました。
帰りは渋滞で5時間近く掛かってしまい、試合より疲れた感じです・・・・
ということで今日は簡単に記事を書いて早めに寝ようと思います。

キャッシュフロー経営が重要!

今日は不動産投資に前々から興味があると言っていた後輩が山梨に転勤になったということで試合を見に来ていました。
話をしているとどうやらついに物件を購入したようです。

その詳細を聞いてみると私の考えとは大きく異なる点が多々ありました。
どういう物件を購入したかというと以下になります。

所在地:東京
物件タイプ:中古マンション区分(2部屋)
価格:約3000万円(2部屋で)
家賃:1部屋6万円
表面利回り:4.8%
キャッシュフロー:毎月多少のマイナス

考え方としては、毎月積み立て感覚で東京オリンピック前後で値がありした時に売って、利益を得たいということでした。
この考え方で危険なのは、東京オリンピック前後に値上げりしている保証はないという点と、利益が実際に出るのが何年目にくるのか?という点です。

これを積立の代わりとしてだけ考えていて、きっちり計算していて何年目に利益が出るかわかっているということであればそれはそれで問題ないのかもしれません。
しかしこの知り合いは今後も物件を買い増したいと話しており、その場合は問題があります。

次の物件を購入する際は、銀行からは確実にキャッシュフローについては聞かれるので、キャッシュフローが赤というのはマイナス評価になってしまいします。
もちろん銀行以外のことを考えても退去があった際の修繕などはプラスでキャッシュを用意しないといけなくなるので経営上の厳しくなってしまうことが出てきます。

今は大企業でもキャッシュフロー経営を意識する企業が非常に多く、不動産投資や太陽光発電を行う個人では大企業よりさらにキャッシュフロー経営が重要になるのでは?と個人的には思っております。
リタイヤを目指すなら必須事項です。

私も今後さらにキャッシュフローを増やせる案件を増やしていきたいと思っております。

スポンサードリンク

記事が参考になった方以下クリックで応援お願いします。