スポンサードリンク

今日でハワイ5日目です。
今日は少しだけワイキキエリアから出てカハラモールにいってきました。
そこで食べたピザは絶品でした。さらにWholefoodsというスーパーで買い物をたっぷりしてきました。
 ⇒2016年夏休み ハワイ旅行記その5 カハラモール

不動産投資と別荘の所有についての話

さて今日は、不動産投資と別荘についてのお話を書いてみようと思います。
ハワイによく行くと物件買っちゃえばいいじゃんと言われるのでそのつながりです。
(ちなみにハワイの不動産はかなり高いのでまだまだ買えるだけの財力がそもそもありません)

結論からいうと別荘と不動産投資は対極にあるものなので、不動産投資をしている方は別荘を買うというのは相当の資産を得てからでないとありえないと思います。

不動産投資をしている方の多くの方がキャッシュフローを生み出すことを狙いに行っています。(リタイヤを目指している方は間違いなくキャッシュフローを気にしています)
キャッシュフローをいかに増やしていけるかが投資するかしないかの判断基準になることも多いです。

その点で考えると別荘は持つだけでキャッシュは出ていく一方です。
なんらかの理由で急に使わなくなっても固定資産税などの費用は毎年必要になりますし、別荘地であれば管理費などが必要な物件が多いです。
よって、別荘を持つならそのお金を使って普通に予約して旅行に数多くいく方が堅実です。

ただ、唯一ありえるのは節税のために別荘を持つということです。
法人化しており会社の保養施設として別荘を持つという選択肢はあると思います。
しかし、別荘を所有する規模の節税が必要な会社というのはかなりの利益が出ている会社だと思うので、個人で不動産投資をやっている規模の場合はほとんどは不必要なものになると思います。

もしどうしてもと思うのであれば賃貸で保養施設を借りるところからでOKだと思います。

ということで投資と別荘は相反する関係です。同じように不動産を取得しますが、不動産投資と別荘取得は全くの別物となります。

スポンサードリンク

記事が参考になった方以下クリックで応援お願いします。