スポンサードリンク

既存の電力会社の新サービス(電力自由化新プラン)

電力自由化によって、多くの新電力が登録され、それぞれの会社で様々なプランが登場しております。
これらのプランに対抗する形で既存の電力会社でも様々な新サービス(新プラン)をスタートしています。

北海道電力、東京電力、北陸電力、関西電力、中部電力、中国電力、四国電力、九州電力の新サービスについて紹介したいと思います。
2015_10-28

北海道電力の新サービス・新プラン

北海道電力
http://www.hepco.co.jp/home/price/ratemenu/menu_regular.html#ETIME3_S
『eタイム3(Sプラン)・eタイム3(Mプラン)』
1日を3つに分けて(朝・昼・夕)に分けて料金設定をしているプランです。朝と夜間は電気料金が割安になるためこの時間に電気を使うようにすれば電気代の節約になるというプランです。
契約容量によって、Sプラン、Mプランが異なります。

東京電力の新サービス・新プラン

東京電力
http://www.tepco.co.jp/index-j.html
『プレミアムプラン』
2年契約で400kWhまでは一定額の料金で使用できるプランです。400kWhを超えてからは従来通りの料金プランになるので日中の電気使用量が多い方におすすめです。
『夜トクプラン』
21時~翌5時までの電気料金が大幅に安くなるプランです。日中は外出しており夜電気を使うことが多いという方におすすめのプランです。

その他にもオール電化の方におすすめなスマートライフプランなどもあります。

北陸電力の新サービス・新プラン

北陸電力
http://www.rikuden.co.jp/ryokinmenu/elf.html#elf10plus
『くつろぎないと12』
夜間・土日祝の昼間に電気料金を安くするプランです。これらの時間帯に多く電気を使う人向けです。

関西電力の新サービス・新プラン

関西電力
https://kepco.jp/ryokin/menu/esmart10
『eスマート1o』
季節や時間によって、電気料金が変動するプランです。基本的には電気の使用料が多い時期や時間は値段が高くなり、それ以外は安くなるというプランです。夏の7~9月の昼間が最も高くなっております。

中部電力新サービス・新プラン

中部電力
http://hajimeru.chuden.jp/new_menu/
『8種類の新プラン』
中部電力じゃ新プランが8種類と比較的多めに設定されています。
ポイントサービスがセットになったプランやトラブル時の駆けつけサービスなどがセットになったプランが存在します。

中国電力の新サービス・新プラン

中国電力
http://www.energia.co.jp
『ナイトホリデーコース』
北陸電力のくつろぎないと12と同じように夜間と休日の昼間の電気料金が安くなるプランです。
その他にも細かく分類したプランがあります。

四国電力の新サービス・新プラン

四国電力
http://www.yonden.co.jp/
『ホリデーeプラン』
休日の電気料金を安くするプランです。
四国電力でも豊富なプランが用意されており、この他にも各電力会社の良いとこ取りをしたプランが準備されています。

九州電力の新サービス・新プラン

九州電力
http://www.kyuden.co.jp/
『電化でナイト・セレクト』
季節・時間・休日で電気料金が変わるプランです。
その他にも「スマート・ファミリープラン」という毎月350kWh以上使っている家庭におすすめのプランも用意されています。

スポンサードリンク

記事が参考になった方以下クリックで応援お願いします。