スポンサードリンク

円高が太陽光発電事業に与える影響

ニュースでも大々的に取り上げられておりますが、イギリスがEUを離脱することが決まりました。
これによって、今後日本は円高・株安がじわじわと進んでくると思われます。

円高が太陽光発電事業に与える影響について考えてみます。
『海外産の機材の値段が下がる』
海外産の機材は輸入をしているので円高によって価格が下がることが予想されます。
これによって、発電コストもさらに下がることになります。買取価格が年々下がっておりますが発電コストが下がることでもう一度ラストチャンスが訪れる可能性があります。

『デフレが進んで実質の売電額が増える』
円高・株安が進むことでデフレが進む可能性も十分考えられます。
デフレが進むとお金の価値が上がることになります。
太陽光発電の買取価格はインフレ率に関係なく20年固定価格で買い取ってもらえるので、デフレが進むと売電額の価値は上がる事になるのでもしも太陽光発電だけで事業を行っている方がいたとするとデフレはお得ということになります。

今回のイギリスのEU離脱は歴史的な大きな出来事だと思います。今後いろいろと日本にもよくない影響もでてくる可能性もあります。
しかし、歴史的な大きな出来事があった時には大きなチャンスも訪れることになるのでそのチャンスをしっかり見極める目を持っておきたいと思います。

スポンサードリンク

記事が参考になった方以下クリックで応援お願いします。