スポンサードリンク

今日はとにかく忙しかったです。
昨日飲み会で寝る時間も少し遅くなりだるーい感じだったのですが、だるさを感じる余裕がないくらい忙しかったです。
帰りもいつもよりは遅くなってしまいました。
いつまでこの多忙が続くことやら・・・

再生エネ改正法成立 売電価格は入札で決定へ

ご存知の方も多いと思いますが、再生可能エネルギーの固定価格買い取り制度を見直す改正特別措置法が昨日参議院で可決されました。

どういうことかというと、2017年4月から大規模な太陽光発電(メガソーラー)の買取価格を決める方法が入札なるということです。
一般の電力利用者に上乗せされる費用を抑えることが狙いとなります。
メガソーラー,再生エネ改正法

2012年からFIT制度が始まり年度ごとに再生可能エネルギーで発電した電力の買取価格を決定し、買取にかかった費用は一般の電気料金に上乗せされて回収していました。
当初の売電価格がかなり高めに設定されていたこともあり、比較的簡単に導入が可能な太陽光発電所は急速に増え、それに伴い上乗せされる価格もFIT開始当初の4倍の約年5600円ほどになっておりました。
このままこの制度を継続すると今後も一般の電気料金に上乗せされる価格は上昇するのが見込まれています。

このため、大規模な太陽光発電の買い取り価格は入札で決め、買い取り費用を抑え、上乗せされる価格も抑える制度になります。
ちなみに家庭用についてはいままでと同様に年度ごとに買取価格を決定することになります。

また、太陽光発電の事業認定を受けたあと設備の下がりを待って長期にわたって発電を始めない悪質な事業者については、認定を取り消すことが可能となります。

大規模な設備で大きく利益をあげていくというは現実的に不可能になっていくことになります。
太陽光発電バブルも完全に終焉を迎えそうです。

この情報このブログで初めて知ったという方は是非ランキングの応援クリックをお願いいたします。
よろしくお願いいたします。

スポンサードリンク

記事が参考になった方以下クリックで応援お願いします。