スポンサードリンク

不動産投資を成功に導くためには融資戦略が重要

不動産投資,融資,スルガ銀行
不動産投資を成功に導くためには優良な物件を探すと同じくらい融資を引き出すことが重要になります。
融資を上手く活用してレバレッジを聞かせて、キャッシュフローを増やしていくというのが不動産投資の基本となるからです。
どんなに優良な物件が見つかっても融資が引き出せないとその物件を買うことができないので融資を引き出すために必要なスキルはしっかりみにつけておくべきだと思います。

ちなみに融資を必要としないほどの大金を既にお持ちの方は不動産投資をする目的が普通の方とはちょっと異なってくると思います。

私の経験でも融資を引き出すのをとても苦労した案件は結構あります。銀行によって、何を評価するかが異なるので自分が付き合う金融機関の特徴をつかんでおくことがとても重要です。
属性を重視する銀行、担保価値を重視する銀行(土地を重視or耐用年数を重視)、事業性を重視する銀行、現有資産を重視する銀行、これらのバランスを重視する銀行などさまざまです。

メガバンク・地銀・信用金庫・日本政策金融公庫などいろいろな銀行がありますが、ちょっと異質な融資を出しているがスルガ銀行です。

不動産投資を成功に導くためのスルガ銀行の正しい使い方

不動産投資,スルガ銀行,金利
不動産投資に深く関わっている方でスルガ銀行を知らない方はいないと思いますが、これから不動産投資を始めようと考えている方やまだまだ不動産投資を始めて歴が浅い方はよく知らない方もいると思います。

大きなところではスルガ銀行の特徴は以下になります。
1.普通の銀行が敬遠するような物件にも積極的に融資を行っている

2.審査が迅速である

3.金利は4.5%とかなり高めの設定となる

4.日本全国の物件に対応してくれる

このようにスルガ銀行は大きなメリットとデメリットが共存した銀行になっております。使いかを間違えると猛毒となってしまい、成功できないどころか大きな失敗につながってしまうこともあるので使い方は事前に習得することが必要になります。

スルガ銀行と売主側の不動産屋さんが以下のようなセールストークを投げかけてくる場合があります。
・フルローンどころかオーバーローンで今すぐに買えます!
・弊社売り主につき仲介手数料無料です!
・4.5%の金利は1年後に交渉すれば大丈夫です!
・購入後に他行に乗り換えれば大丈夫ですから!
・満室になるまで空室保証するので安心してください!

この内容を読んで心を動かされるかもと思った方は猛毒に犯されてしまう可能性が大なので注意が必要になります。

不動産投資を始めた数年間は、この物件を買いたいと一度思うと「この物件は最高だ!」「絶対に誰にも取られたくない!」と気持ちが働いてしまいます。さらに不動産屋さんから「多くの問い合わせが来ています」「早く決めてください」と言われるとさらに焦ってしまいます。

そんな時にスルガ銀行を進められてしまうと、本当に出口戦略や正しいキャッシュフローを分析せずに猛毒を利用してしまって失敗してしまうということがあるようです。

そんな失敗を犯さないようにスルガ銀行のメリットを活かして有効に活用するために必要な知識を習得するための教材があるので紹介します。
私はまだスルガ銀行は実際に使ってはいませんが、この教材を視聴した結果次回以降はスルガ銀行をうまく活用する検討をしてみてもいいかなと思っています。
以下のようなことをしっかり学んでみたいという方や、
・「いい物件情報」への対処法とは?
・スルガ融資の特長をどう生かせば良いのか?
・スルガ特有の使い勝手の良さ、諸刃の剣とはどういう意味か?
・初期にスルガを使うのは良い?悪い?
・属性のよい方でも安心できない。その理由とは?
・大気圏突破までの長期ビジョンに照らし、スルガ銀行を最大限に使う、との一番良い方法とは?
・「CF(大前提)」と「タイミング(ステージ)」大気圏突破直前の有効な使い方とは?
・スルガを使った場合の出口戦略、その具体的な方法とは?
・借り換えを前提にスルガを使う場合の間違えを防ぐ判断基準とは?
・スルガは劇薬。実は、カンフル剤として使うそのメリットとは?

今現在以下のような状態の方は、
・初心者で、どのように銀行を利用したら良いかわからない
・スルガ銀行を活用したいのでもっと詳細を知りたい
・すでにスルガ銀行の使い方で失敗している
・銀行の融資がなかなか通らないで困ったいる

この教材でしっかりとした知識付けることで成功までの道のりが一気にスピードアップする可能性が高まると思います。
キャッシュフロー1000万円を目指すことを目標としたスルガ銀行の活用の仕方になりますのでリタイヤを目指している方はこちらの教材は必見だと思います。

価格は19,800円と書籍などと比べると少々高めですが、キャッシュフロー1000万円を目指すのであればたいしたことのない支出だと思います。
詳細は以下から確認できますので、興味がある方はまずは以下を見てみてください。
スルガ銀行の正しい使い方徹底解説セミナー

スポンサードリンク

記事が参考になった方以下クリックで応援お願いします。