スポンサードリンク

今日は、朝から13時半くらいまで仕事をしに行って、帰ってきてすぐに家族で出かけてきました。
さすがに土曜出勤のあと出かけてきたのでだいぶ疲れが出てしまいました。
今日が30代最後の日なのですが、やはり年には勝てませんね。

半期分の領収書の整理を行いました

今日1月~6月分の領収書の整理を行いました。
エクセルで簡単に半期の収支をまとめて税理士さんに送る予定です。

領収書の整理や収支の計算を半期ごとに行うことはとても重要だと思っております。
私の勤める会社などでは4半期ごとにしっかり収支や予算をまとめるので、本当は4半期ごとにまとめをした方がいいのですが、個人だとなかなかそこまではできないので半期に一回はまとめを行おうと思っております。
不動産投資,太陽光発電,領収書

半期にまとめを行う最大の理由は、節税のプランをしっかり練るためです。
年度が終わってから節税をしようと思ってもそれからではなんにもできないので、対策を打てるうちに今年の節税計画を立ててしっかりとアクションを起こすことが重要だと思っております。

投資を行う上で重要なのは、収入を増やしていくことはもちろんなのですがそれと同じくらい節税対策は重要になります。
税金のことをしっかり計画しないと黒字倒産というような普通では考えにくい事態が起こることもあります。

そのような考えの元私は1月~6月で一度まとめをして税理士さんに相談するようにしています。
残りの半年で経費を使った方がいいのか経費は削減した方がいいのかを判断するためです。

ちなみに今年は年初に戸建てで2軒退去があったので、修繕費が掛かったり空室期間があったりで昨年よりも所得は少し抑えられています。

私は下期の経費のコントロール余地として、セーフティ共済の掛金をまた一年分まとめて払うか月払いで残りの期間だけ払うかを選択することが可能です。
さらに中規模の修繕を今年行うか来年行うかもこの中間時点の結果を見てきめようと思っております。

このように経営判断をする上で上期のまとめはとても重要になります。
不動産投資や太陽光発電だけであったとしても経営であることに変わりありません。経営判断をしっかりしていくことが成功につながりますし、その判断をするためのデータをしっかり整理することが正しい判断を行うことにつながると思っております。

是非皆様をめんどくさがらずに半期のまとめも行ってみてください。

スポンサードリンク

記事が参考になった方以下クリックで応援お願いします。