スポンサードリンク

区画整理物件の補償金の説明が来週あります

今日市役所の区画整理課から電話があり、「区画整理の補償金の説明ができるようになったので伺って説明したいのですがいつが都合がよいですか?」と連絡がありました。

遂に1軒目の区画整理物件が移転となります。
まだ金額がわからないのでなんとも言えませんが、ある程度の金額で補償していただけるので次の投資に向けて動きを加速できそうです。
区画整理,移転,補償金
さらに数年後に自由に使える土地も残るのでまた数年後に売るもよし収益物件を建てるもよしという状態となります。

区画整理の移転物件は数も少ないですしその情報を掴めることも少ないのですが、移転物件をうまく購入できると太陽光発電や普通の不動産投資とは比べ物にならないくらい短期間で投資金額を回収して大きなお釣りも得られることになります。

今回の物件は誰かに紹介してもらったわけではなく、競売で見つけて、市役所などに問合わせて移転するということがわかったので入札・落札したといった物件です。
情報は全員公平に提供されていたのでどなたでも区画整理物件を購入することができるはずです。

区画整理はたぶん日本全国のいろいろな場所で行っていると思うのでいろいろな地域でそのような物件は存在すると思います。

実際にどれくらいというのは物件ごとに異なりますが、中古の物件をうまく購入できると購入金額より高い額の移転補償金がもらえて、さらに区画整理後の土地が丸々残るといった感じです。移転までに時間がかかる場合は賃貸に出せば家賃収入も得ることが可能です。

今回の私の物件も5年ちょっとで家賃だけでも6割は回収できているのでそれだけでもかなりの収入になっております。

ただし、デメリットもあるので注意が必要です。
移転が例えば5年後くらいと言われていても延期になることがよくあります。
住人の皆様が一人でも移転に応じないと時間がかかってしまうからです。

移転になるまでは増築などは一切できなくなりますし、いつ移転になるかわからないのでリフォームなどもほとんど掛けられないので賃貸として入居者を確保し続けながら待つには家賃を少しずつさげるしかなくなります。

こういったデメリットもあるのである程度待てるという方限定の方法だとは思います。

ただ、情報としては知っておいて損はないと思うので興味がある方は区画整理について調べてみてください。
質問があれば遠慮なく問い合わせから連絡をください。

区画整理の基本的な説明については以下も参照してみてください。
⇒区画整理物件で大きな利益をあげる物件

スポンサードリンク

記事が参考になった方以下クリックで応援お願いします。