スポンサードリンク

台風が去っていきました。
まだ青森県のあたりは暴風域のようなので近くの皆さんは十分注意してください。
週末に発電所が問題がないかは確認してこようと思います。

不動産投資の裏技 リースバックとは

今日は不動産投資の裏技であり、資金を確保したい方やローンを返済した方にとっても裏技になる「リースバック」について記載したいと思います。

私も不動産投資を始めた際に最初に購入した物件がこのリースバックでした。
リースバックとはどんな内容かをまずは説明したいと思います。理解しやすいように簡単に説明します。

『登場人物』
不動産の所有者(居住者):Aさん
投資家:Bさん

『内容』
AさんがBさんに不動産を売却します。Bさんが購入した不動産を賃貸物件としてAさんにそのまま貸し出します。
私も一軒目の投資物件がこのパターンでいまだに売ってくださった方がそのまま賃料を払って住んでくれています。

『リースバックのメリット』
[Aさんの立場の場合]

・ローンが完済できる
・誰にも知られずに現金を確保できる
・引越しが必要でないので生活はそのまま

[Bさんの立場の場合]
・最初から家賃収入が入る
・修繕の必要がほとんどない
・長期間入居してくれることが望まれる

このようにAさんの立場、Bさんの立場どちらもメリットがありWin-Winの関係になります。
問題は、Aさんの立場の方が賃貸してしっかり家賃を払えるか払ってくれる人かといった部分だと思います。
この点は家賃保証会社に入れれば問題ないと思います。

この裏技を使うことで不動産投資の第一歩をローリスクで踏み出すことができると思います。

私は以下のような使いかを現在検討しています。
現在住宅ローンがある程度残った自宅に住んでおりますが、もう少し広い家に住み替えをしたいと思っております。
(学校の学区が変わらない場所に)

いい物件が見つかったら住み替えたいけどそれまでは今のままでOKです。
物件が見つかった際には再度住宅ローンを使いたいと思っておりますが、現在住宅ローンが残っているので両方住宅ローンというわけにはいきません。
そこでリースバックを使って今の家に住みながら新しい物件を見つけて、見つかり次第即住宅ローンを組んで契約できる状態にしておこうかなと思っております。

住み替えの本気度によってですが、使い方によってはうまく使える場合もあると思います。
ご興味がある方は以下を覗いてみてください。

スポンサードリンク

記事が参考になった方以下クリックで応援お願いします。