スポンサードリンク

【画期的!】新たな太陽光発電投資のスタイル 続報!

昨日新たな太陽光発電のスタイルについて記事を書いたら多くの問い合わせをいただきました。
まだ回答返せていない方もいますが、いくつか質問をいただいたのでそれについて業者に確認したので続報として記事にしたいと思います。
⇒太陽光発電の新たな投資スタイルの記事はこちら

Q.金融商品取引法の登録業者なのでしょうか?
A.そもそも金融商品ではないので不要とのことでした。屋根に自分名義のパネルを設置するので普通の太陽光発電所と大きな違いはないとのことでした。

Q.家の持ち主が引っ越したらどうなりますか?
A.引っ越す前にその時点のパネル価値でパネルを買い取ってもらう契約になっているそうです。損も得もしない価格で買い取ってもらえるそうです。

Q.新電力と間に入ってくれる会社が倒産したらどうなりますか?
A.余剰電力は他の電力会社(地域の電力会社など)に買い取ってもらえます。しかし家主が自己使用している電力はどこか他の業者に間に入ってもらう必要が出てくるので探すのが若干大変になる可能性があります。ただし電気代を請求する権利はあるので電気代が支払われなくなることはないそうです。

Q.10年後はどうなりますか?
新電力として間に入ってくれる会社が買い取ってくれるそうです。

リスクは、間に入ってくれる業者が倒産してしまった時に家主が自己使用で使っている電気代をどのように回収するかという問題が残る点くらいだと思います。

私も1軒(220万円くらい)のパネルを購入する予定です。
興味ある方はシミュレーションデータの送付や業者の紹介も可能なので以下問い合わせから引き続き連絡をお願いします。
⇒問い合わせはこちらからどうぞ

昨日問い合わせいただいたこれからお返事しますのでもう暫くお待ちください。

スポンサードリンク

記事が参考になった方以下クリックで応援お願いします。