スポンサードリンク

今日は朝から新幹線に乗って東京出張でした。
新幹線で座れることは座れるのですが、やはり遠距離を移動するというのはなんだかんだ疲れますね~
でもたまには都会に出て世の中の動きを確認するのも重要かもしれません。

太陽光発電・風力発電は利回り何%なら買ってもいいのか?

このサイトでもなんども分譲太陽光発電や分譲風力発電を紹介しています。基本的には高利回り案件を紹介しているつもりです。
 ⇒【利回り13%・14%】タイナビ太陽光分譲案件
 ⇒【超目玉】43.2円出力抑制なし案件 早いもの勝ち!
 ⇒分譲風力発電所 利回り11.65% 情報大公開

では実際に利回り%以上なら買いなんでしょうか?
あくまで個人的な見解として私の考えを記載してみようと思います。

ちなみに私が現在所有している太陽光発電所2箇所のの平均実質利回りは13%程度です。
よって、これをクリアすればもちろん私的には合格なんですが、実質利回りで13%超える分譲案件はほぼないと思います。

表面利回り12%でランニングコストを考慮した結果、実質利回り10%が見込まれればOKと判断しています。
これは、10年間で元を取って、残りの10年で利益を出していくといった感じです。(実際は15年ローンにすると思いますが)
10年以内で元がとれる状態であれば、OKと私は考えております。

不動産投資も同じ考えで、確実に売れる土地値を物件を購入した金額から差し引いて、利回りが10%を超えない物件は絶対に購入しません。

よって、私がこのサイトで紹介する物件は全て実質利回りが10%を超えそうな案件のみとしています。
(詳細がわからないので実際に10%を超えるかはわからない部分もありますが)

投資の世界で利回りは結構重要な指標ですが、10%なんて高利回りはほとんどないのでこれがどれだけ安定した投資がよくわかると思います。

ランキングが下がった状態で安定してしまいました。
もしも記事が少しでも参考になったという方是非ランキング応援クリックをしていただけると幸いです。
よろしくお願いいたします。

スポンサードリンク

記事が参考になった方以下クリックで応援お願いします。