スポンサードリンク

太陽光発電と不動産投資 どっちを買い進めるか?

このブログのタイトルにもあるとおり、私は不動産投資と太陽光発電を両方やっております。
先日問い合わせから、「不動産と太陽光発電 本当はどちらを買い進めたいのですか?」という質問をいただきました。
今日はこの点については私の見解を記載してみたいと思います。

最初に回答を書くと、今買い進めるなら不動産だと思っています。
太陽光発電がだめというわけではなく、買い進めるなら不動産の方ということです。

どういうことかというと太陽光発電はここから買い進めるという感じではなく、いい案件があればあと1区画増やす程度だと思っています。

太陽光発電は安定感抜群なので不動産投資との組み合わせとしては最適です。

買取価格が高くてローンを返済しても潤沢なキャッシュフローがあった時期であれば買い進めるというのもありだったかもしれませんが、現在の買取価格だとキャッシュフローはそこまで潤沢になることはないです。

また買い替えという考え方がないので基本は20年間持ち続ける感じになります。
よって、太陽光発電だけになってしまうのは事業を拡大したいときに舵がとりにくくなってしまいます。
安定的な資産という意味である程度持っておくのはOKなので私はあと1区画いいのがあればという感じで探しています。

何度か書いていますが、不動産投資は買う物件さえ間違えなければ買い進めていくには最適だと思っています。

全国的に空室率が高く、今後も人口が減るのでさらに空室になるリスクが高いのではないかという意見もあるかと思いますが、減ったといってもまだまだ賃貸に住む人はかなりの数います。

家賃を相場より安く設定出来れば絶対に入居してもらえます。
物件を安く買うことが出来れば家賃も安く設定できるので如何に相場より安く物件を買うことができるかが重要になります。

また、本来の価値より安い金額で買うことも重要です。
土地と建物セットで基本的には買うのですが、土地代と同等かそれより安い金額で買うことが出来れば、現金化したくなった時に売るのも比較的容易になります。

不動産は言い値での売買なので相場より安い家賃を設定できて本来の価値より安い価格で買える物件を見つけることはそんなに難しくないです。

不動産と太陽光発電の私の分析はこんな感じなので、より確実に今後拡大を目指して資産を増やしていくために買い進めていくのは不動産という感じになります。

もう過去には戻れませんが、3,4年前にもう少し太陽光発電を買っておいて、それとバランスをとって不動産を増やして行くことができれば最適だったとは思います。

皆さんの見解はいかがでしょうか???

スポンサードリンク

記事が参考になった方以下クリックで応援お願いします。