スポンサードリンク

太陽光発電の監視システムは必要か?

本日も昨日に続いて問い合わせいただいた内容についての記事になります。
問い合わせの内容は「遠隔システムの会社選びに難航しているがどこがよいか?」というものでした。

(イメージ図)

私の個人的な回答は以下です。
「遠隔監視システムは、よほどの遠方に発電所がない限り不要」

理由は簡単で毎日出力を確認する必要がほとんどないからです。
それじゃ故障がすぐにわからないじゃないかと思うかもしれませんが、日単位で故障に気が付く必要がないのです。

気がつくまで売電できなくて損をすると思うかもしれませんが、それは売電保証の保険に加入していれば問題ありません。

よって、数週間~1ヶ月くらいのスパンで発電所に視察に行ける範囲であれば、監視システムは不要と個人的には思っています。

月一回の発電量や売電額をモニターしていれば異常にはだいたい気が付けますし、気がついたら修理をして修理代も売電ロス代も保険で払ってもらえばOKなのです。

ということで私もいろいろ検討はしましたが、今現在も監視システムは設置していません。
いろいろな考え方があるのでいや絶対につけた方がいいという方もいると思うのでそのような意見もコメントで解説いただけると幸いです。

スポンサードリンク

記事が参考になった方以下クリックで応援お願いします。