スポンサードリンク

今年で消費税納付業者が終わります!

太陽光発電事業の場合は消費税の関係は結構あります。
(不動産投資の場合は消費税は基本的に関係ないのですが)

太陽光発電を設置した時に消費税の納付業者の届出をすると設備に掛かった消費税が還付されます。
2000万円の場合は160万円還付されます。
これって結構大きいですよね~
menu04_img02

もう少し詳しく記載すると、消費税納付業者の申請をした翌年は設備分の消費税が還付されます。
その後2年間は売電収入の中から消費税分を納付する必要があります。
2年間の納付が終わる前年に消費税納付業者を辞める申請をして消費税関係の手続きは終了となる感じです。

私は現在のこの2年間の納付の2年目の状態で次の納付をしたら消費税納付業者を辞めるといった状況にいます。
納付業者の解除申請は既に提出済みです。

結局消費税の還付と納付で差し引きどうだったかというと低圧2区画ですが差し引きは100万円以上還付の方が多かった計算になります。
結果的には消費税納付業者になってよかったということです。

この消費税還付については、こちらから申請をしなければ100万円以上をドブに捨てているのと同じなので知識があるかないかで大きく異なってきます。

このようなどんな小さい事業でも事業経営をする上で税務の知識はとても重要になります。
もしも今現在小規模でも事業と言えるものを行っている方は、税金については少し勉強をするのをおすすめします。

私は現在法人化した際の税金についての勉強を進めているところです。
このあたりをクリアにしてから税理士さんと法人化のディスカッションをしてみようと思っております。

スポンサードリンク

記事が参考になった方以下クリックで応援お願いします。