スポンサードリンク

いつの間にか関東も梅雨入りしておりました・・・
太陽光発電事業者にとっては耐える時期に入りましたね。
できる限り短い梅雨で終わってくれることを願いたいです。そして梅雨の間も晴れ間ができる限り出てくれればと思います。

利回り11.84%出力抑制なしのおすすめ低圧物件

本日、新しい分譲太陽光発電の情報を入手したのでお知らせしたいと思います。
この物件も実利回り10%超える可能性がかなり高い物件になります。
出力制限もなし物件なので安心して投資することが可能な物件だとは思います。

【三重県11.84%案件】
販売場所:三重県伊勢市
販売価格:1,700万円(連系負担金・税込)
売電単価:27円(税別)
土地契約形態:賃貸(月1万円)
年間想定発電量:69,013kwh
年間想定売電収入:2,012,419円
想定利回り:11.84%
パネル:ソーラーエナジー
パネル容量:58.32kW
パワコン:オムロン

※出力抑制なしの物件になります。

メガ発さんの最新物件なので下記から販売中の物件の一番最初に出てくるので確認してみてください。
関西の方は特に早めに問合わせてみてください。

利回りが10%前後の物件でも実際は売れている

おすすめの物件で私は、実利回り10%以上が見込める物件を紹介しておりますが、売りに出ている物件の多くは表面利回りで10%前後のものが多いです。

このような物件ってどうなってるの?と気になる方も多いかと思いますが、実際はこのような利回りでも結構売れてしまっているのが実情です。
他の要素との兼ね合いでなかなか売れないというものもありますが、ほとんどの物件は売れていってしまっています。

多少利回りが低くてもやはり太陽光発電が投資先としてかなりおいしい案件であるという証拠だと思っています。
もっと高い利回りで物件を取得した人にとっては、表面利回り10%は低く感じますが、普通に考えたら10%という数値はかなりいい数値だと思います。
それを踏まえてチャンスをどう扱うかの判断材料にしていくといいのかなぁと思います。

実利回り10%以上の物件情報が参考になるという方は是非ランキングの応援クリックお願いします。
ランキング下がりまくり中です。。。

スポンサードリンク

記事が参考になった方以下クリックで応援お願いします。