スポンサードリンク

東芝の衰退から考える投資の重要性

シリアや北朝鮮のニュースも気になるところですが、東芝の問題について考えてみました。
考えたというより、本日は職場でも東芝の会話になりいろいろな話題がでたのでそれについて書いてみようと思います。
東芝も太陽光パネルを生産しているのですが今後はどうなるのでしょうか???(そこはわからないです。。。)

まず東芝は昨日監査法人の「適正意見」がないまま2016年4~12月期決算を発表しました。
最悪上場廃止になる可能性もあるようです。

その他で言われているのが海外企業による買収です。半導体やテレビ事業を売ってしまうのではとい話も出ております。
個人的には、この二つを売ってしまったら東芝は何が残るの?といった感じになってしまいますが・・・

自分の勤めてるいる会社も明日は我が身だなということで、もしもそうなったら何が起こるかをいろいろ考えてみました。

まず上場廃止になったら、今まで持株会で買ってきた株が基本的にはパーです。
今日も職場で早く売った方がいいかもねと話になりました。みんな自分がいくら分持ち株をもっているか把握していなかったのですが、何十年と務めている方は軽く5000万円を超えてるんじゃないかという話もありこれがぱーになるのはかなりのダメージです。

続いて、海外企業に買収されてしまったら、給与体系や原則終身雇用の風土なども一気に変わってしまいます。
リストラに合うか残っても減給の上海外も含めた転勤などになる可能性も十分あります。

東芝のようにトルコの企業が買収なんて話がでてトルコ転勤(しかもほぼ永久)と言われたら、辞めるしかないです。

数年前までまさか東芝がこんなことになるなんて誰も思っていなかったと思うので少しの不正や少しの判断ミスがあると一気に崩れてしまうのが今の時代のようです。

いつ自分の会社が同じようになってもおかしくない時代です。
よって、辞めなきゃいけなくなっても食べてはいけるような準備をしておくことは重要だとさらに痛感しました。
そのために本業以外の収入を投資で得られる環境を整えておくことにさらに力を入れる必要があると考えています。

ちなみに私は、東芝になんども出張に行ったこともあり、意外と東芝とは関係がある感じだったので身近な問題として捉えています。
皆さん、今回のこの問題はどうお考えでしょうか?

スポンサードリンク

記事が参考になった方以下クリックで応援お願いします。