スポンサードリンク

太陽光発電の除草作業はいつが勝負か?

本日は、太陽光発電の除草(雑草)についてです。
2月に雑草の話ですか?と思う方も多いかと思いますが実はそろそろ準備を始める必要があるのです。

これらの写真は8月9月の写真ですが、この状態になってからなんとかしようと思っても手遅れです。
その場だけ雑草を撤去しても2週間後にはまた同じ状況になってしまいます。

では、一体いつ頃対策が必要かというと3月初からGW頃に掛けてだと思っています。
芽が出てくる時期にどれだけ対策できるかがポイントだと思っております。

写真に出ている葛系の雑草は値から全て切り落としてしまい、その他は芽が生えない除草剤を巻いておく必要があると思います。

その上でその後も3週間~1ヶ月スパンでは除草材を軽く撒く必要があると思っております。
これを最初からやっておけば負荷もそこまで多くはなく対処できると思います。

逆に最初をサボってしまうとものすごい負荷が掛かってしまって、費用対効果がほとんどなくなってしまいます。

もしも私と同じように雑草の悩みがあるという方は、是非3月に入ったらすぐに対策をするようにしてください。
私も今年は絶対に3月に対応しようと思っております。

もうあと半月しかないのでそろそろ道具なども含めて準備を始める予定です!

スポンサードリンク

記事が参考になった方以下クリックで応援お願いします。