スポンサードリンク

経産省 増設分の買い取り価格規制検討へ

本日はとても気になるニュースを見つけたので紹介したいと思います。
特に今までに増設をしたことがある方は要注意です。
既存の設備の買取価格が見直しになる可能性があるようです。

経済産業省が、再生可能エネルギーの固定価格買い取り制度(FIT)に関し、国の認定を受けた後に太陽光パネルを増設して売電収入を増やした案件については規制する検討を始めたようです。

今のルールでは、FITの買い取り価格が毎年下落していても、既存発電所に増設した分の電力は既存発電所が認定を受けた当時の高い価格で売電することができることになっています。これに対して不公平だという声が多く出ており、消費者の負担増にもなっているため、問題視されている状況でした。

認定後に設置した太陽光パネルに対しては、設置した時点の買い取り価格を適用するという当たり前といえば当たり前のルールに変更することを検討しているようです。
今年の夏を目安に改訂をする方向で調整されています。
(既存の増設パネルにも適用される方向のようです)

認定後に増設した発電所をお持ちの方は注意が必要なので情報収集をしてみてください。

既存の設備にまで検討が広がってくる傾向はあまりよくはないですね・・・

スポンサードリンク

記事が参考になった方以下クリックで応援お願いします。