スポンサードリンク

ビットコインを無料でゲットする裏技その1

仮想通貨について今後まだまだ値上がりする可能性が高いという話は何度かしてきております。
このサイトの読者の方からももう一つのサイトの読者の方かもかなりの問い合わせをいただいております。

その中で一番問い合わせの多い内容の解になりうる情報を今回は記事にしてみようと思います。

一番問い合わせの多い内容とは「仮想通貨やビットコインにものすごく興味があるのですが、なかなかすぐに買える資金を準備できそうにないです」というようなものです。

今回はそれに答えるために、無料でビットコインをゲットできる裏技のその1を紹介したいと思います。
このサイトにぴったりな内容なのですが、電力自由化となり電気の購入先をコインチェックに変更することで電気代の一部がビットコインでもらうことができるのです。

まず電気の自由化については以下の記事を参考にしてみてください。
⇒電力自由化についての説明はこちら

簡単にいうと、今まで東京電力などの各地方の電力会社からしか電気が買えなかったのですがどこからでも買えるようになったということです。
今現在私もガス屋さんから電気を買うように切り替えており年間で6000円くらいは安くなっています。

この電力の自由化でコインチェックから電気を買えば電気代の数%をビットコインでもらえるというサービスです。


イメージはこんな感じで、電気代の一部をビットコインで還元されるというものです。


付与率も結構いいので1年間分で考えるとそれなりにビットコインがもらえると思います。

無料でもらえるなら試す価値はあると思います。
我が家も現在ガス屋さんとの契約がどうなっているか確認中で変更しても問題なければ即変更する予定です。


既に新電力を我が家では使っているのわかるのですが、電気の質が落ちるとか停電になるとかそういうことは一切ありません。
しかもコインチェックの電気の供給元は丸紅系の新電力会社なのでさらに安心です。

先ほどの新電力のサイトにも書いてありますが、電力会社を切り替えた際の疑問への回答は以下です。
Q.契約電力会社が倒産したらどうなっちゃうの?
A.契約した電力会社倒産しても電気はそのまま使えます。送配電事業者との契約に切り替わりそのまま電気は使えます。すぐに次の電力会社に切り替えることで新しいプランで電気を購入することが可能です。

Q.停電が起こりやすくなるという話を聞くが本当なの?
A.基本的に新電力と契約したからといって停電が起こりやすくなるということはありません。先ほどの疑問と同じように契約した会社の電気がなくなってしまっても送配電事業者が電気を必ず届けてくれるようになっています。

他にもいくつかQ&Aがあるので電力自由化の説明のページを見てみてください。

具体的にどうやったら無料でビットコインを入手できるのか?

じゃあ具体的にどうやったら無料でビットコインを入手できるのか?ここが一番皆さんが気になるところですよね。

まずは電気の契約者がコインチェックの口座を開設する必要があります。
(旦那様が電気の契約者で奥様名義でコインチェックの口座を作ってもダメです。)
ビットコイン取引高日本一の仮想通貨取引所 coincheck bitcoin

口座が開設出来たら電気の設定から簡単に設定可能です。電気料金の検針票だけ手元に準備すればOKです。
これだけ完了すると翌月からビットコインが無料で手に入ります。

ビットコインは発行量が決まっているので電気料金の無料付与でもらって知らないで放置して置いたら10年後にすごい金額になっていたという可能性も十分あると思うので是非検討してみてください。

ちなみに電気料金自体は基本変わらないのでビットコインで付与される分だけがお得ということになります。

⇒【裏技】ビットコインを無料でゲットする裏技その2

現在の私の仮想通貨の状況

リアルな情報を配信しくので現在までの状況をざっくりとお知らせします。
100万円を投入して、4万円分リップルを買い増し、13万円分で積み立てをしました。
合計117万円投資しています。それが現在以下になっております。なかなかの値上がりだと思います。(+23万円)

(昨日の夜の画像なので今は若干値下がりしています。)

スポンサードリンク

記事が参考になった方以下クリックで応援お願いします。